【GB350取り付け画像付き】DAYTONA スレンダーUSB2ポート取り付けてみた!

バイク
記事紹介

この記事は、GB350にDAYTONAから販売されているスレンダーUSB2ポートを取り付けた内容を紹介していきます。

・2ポートで高出力のUSBを探している。
・GB350のハンドル周りをスッキリさせたい。
・初心者でも取り付けられる商品を探している。

上記の方向けの記事となっておりますので、興味がある方は最後まで読んでみてください。

※この記事は専門知識のある人の指導のもと、初心者が取り付けました。取り付けの参考にされる方は自己責任でお願い致します。

商品紹介

バイクで遠くまでツーリングするようになり、スマホをカーナビにすることが増えてきました。

それと同時に問題が発生。

スマホの充電がツーリング中に0%になってしまいそうになることも…。

この問題を打開すべく、GB350にUSBポートを取り付けることに!

私が求めている商品は、ハンドル周りをスッキリとすることができること。また、USBポートが1つだと、スマホの充電中は他に何もできなくなってしまうので、2ポートあるものを探していました。

Amazonを眺めていると、素敵な商品を発見!

DAYTONAから販売されているスレンダーUSB2ポートです。

この商品の特徴は、本体がスマートなのに1ポートから2.4Aの高出力設計USBが2つもついていることです。

参考価格は4,620円ですが、Amazonでは3,400円で購入できました。(2021年10月現在)

取り付け作業

①USBポート設置場所を決める

GB350のハンドル周りはこんな感じ。

スマホホルダーを左側に取り付けてあるので、できるだけ近い位置に設置することにしました。

②配線作業

この製品は、無加工カンタン取り付けができるので初心者でも安心!

ブレーキスイッチからそのまま配線することが可能です。

しかし、GB350に実際に取り付けようとするとむき出しになってしまい、防水対策が心配。取り付け方法を変更することにしました。

配線場所を探していると、ヘッドランプの中に何やら良さげなものを発見。

調べてみると、オプションフォグランプとのことでした。

テープを剥がすと中から複数のケーブルが出てきました。

どうやら純正のUSBはここから電源を取っているようです。

ケーブルもむき出しにならない上に、防水も期待出来そうなので、ここから電源を頂きましょう。

買った時のままでは接続できないので、電工ペンチとターミナルセットで加工。

配線場所が決まったら、変圧器の置き場を決めます。

第一希望はこのままヘッドランプの中に入れてしまいたい。

何度かチャレンジしましたが、上手くいきませんでした…。

仕方がないので、別の案を模索することに。

できるだけ雨の心配がなく、綺麗に収納できる所を探していると、良さげな場所を見つけました。

タンクの下であれば水に触れることも少なく、他のケーブルの邪魔にもならなそう。

取り付けるために両面テープを使用する為、取れてしまう可能性があることが気になります。

最悪のケースが起こらないようにインシュロックでケーブルを固定。

あとは、ケーブルを保護するためにテープなどを巻いておきます。

最後に電源を繋いでヘッドランプを元に戻し、充電できているか確認。

しっかり充電できているため、これで完成です!

ゴム製のフタも付いているので、雨の時も少し安心です。

GB350納車に向けて購入ししたバイク用品9選
記事紹介この記事は、令和3年8月にGB350を納車した私が購入したモノを紹介しています。それぞれのオススメポ...

まとめ

今回、GB350にDAYTONAのUSBポートを付けてみました。

この商品は2.4Aの高出力ポートが2つついているため、音楽を聴いたりカーナビとして使用しているスマホの充電に優れています。

私は加工をしましたが、加工なしでも取り付けることができるので、初心者でも取り付けることができると思います。

興味がある方は、購入を検討してみてください。

Type-Cポート用の商品も販売されている様です。そちらの情報も下記に載せておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました