【夏に最適?】Araiのフルフェイスヘルメット「RX-7X」を1年間使用した結果は?

スポンサーリンク
バイクグッズ紹介

この記事は、Araiのフルフェイスヘルメット「RX-7X」について紹介していきます。
私はこのヘルメットで2度の夏を乗り越えたので、夏に向いているかどうかを含めレビューしていきます。

created by Rinker
¥55,250(2022/09/25 03:58:51時点 楽天市場調べ-詳細)

真夏のツーリングは暑い

1年を通して楽しむことができるバイクですが、夏は暑さとの勝負になります。
30度を超える猛暑日に炎天下の中、信号待ちで熱中症になるライダーさんも少なくないと聞きます。

ヘルメットは密閉されているので、構造上熱が逃げにくくなっています。
少しでも快適なツーリングをするために、通気性の良いヘルメットがあれば知りたくないですか?

実は今回紹介するヘルメットは高い安全性だけでなく、走行時のエアー吸入性能にも考慮したモデルなのです。

RX-7Xってどんなヘルメット?

RX-7XはArai HELMET社から販売されているフルフェイスヘルメットです。
Arai HELMETといえば、高い安全性能が売りのモデルが多く、全体的に丸みを帯びた見た目が特徴的です。
ラパイド・ネオなど人気の商品が多く、入荷を待ち望んでいる方もいるのではないでしょうか?

人気モデルの一つRX-7Xのコンセプトは、かわす性能」を高めるためのフォルムと公式サイトに記載されています。

「かわす性能」を高めるための3つの機能

①より滑らかなフォルムを目指し、シールドの位置を下げる。
②シールドの位置が変わっても問題のない「VAS」システム
③剛さ・軽さ・粘りの三拍子が揃った素材を使用

さて、安全性能に関しては申し分ないRX-7Xですが、本題である吸入

性能に関してはどんな機能が盛り込まれているでしょうか?

①ICダクト5

RX-7Xを見たときに、真っ先に気になったのが頭頂部分にある3つのシャッターです。

実はこのシャッターが吸入量を大幅に上げている機能なんです。

公式サイトによると、RX-7RR5と比べて吸入量は11%アップしている様です。
ICダクトは開閉自由のため、雨の日や冬は閉めることができます。

②インナーサイドダクト

続いて、耳上部の冷却効果を高めるインナーサイドダクトです。
矢印の部分から入った新鮮な空気をこめかみ部分に誘導し、側頭部をクールダウンします。

③NEノズル

最後にNEノズルです。
先ほど紹介したインナーサイドダクトでは側頭部付近のクールダウン効果がありましたが、NEノズルは耳周囲だけでなく後頭部に停滞するエアーを排出する効果があります。

他にも、マウスシャッターやIPディフレクターなど口周りの通気性能を高める機能も搭載されています。

実際に使用してどうだったか?

結論

走行時の涼しさは素晴らしい!
停車中はどうしても暑い…。

結論で記載した通り、走行中の涼しさは素晴らしいものがありました。
Araiから販売されている「クラシック・エアー」と比べても、ヘルメットの中は快適でした。

しかし、停車した時の暑さには勝てなかったのは事実です。
何度もお伝えした様に、ヘルメットは構造上空気がこもりやすいので、どうしても暑くなってしまいます。

停車中の暑さは他のヘルメットと変わりなかったですが、再び速度が乗ってきた時の爽快感はRX-7Xでないと難しいでしょう。

まとめ

RX-7Xは走行中の快適さは他のヘルメットと比べても群を抜いていると思います。
停車中の暑さはどうしても難しいですが、風に乗ってしまえばこっちのもの!すぐに涼しさを体感できると思います。

まだまだ暑い夏…。安全性能と吸入性能を兼ね揃えたヘルメットをお探しの方は是非ご検討ください。

アライ RX-7X MAZE[メイズ] イエロー/L(59-60cm) R7X-MAZYE-59

コメント

タイトルとURLをコピーしました