いまさらレビューシリーズ「GB350初めての高速道路」

スポンサーリンク
GB350
記事紹介

この記事では、初めてGB350に乗って高速道路を走行した感想を中心に記事にしてあります。

バイク免許を取って初めての高速に乗った感想や注意点、GB350で80キロ以上の速度を出して走行した感想などをレビューしていこうと思います。

ツーリングコース

今回のツーリングコースは、神奈川県の「相模原愛川インターチェンジ」から乗り、令和4年4月に開通した「新秦野インターチェンジ」まで走行しました。
(新秦野インターチェンジについてはこちら)

新東名自体は交通量もまだそこまで多く無いので、非常に運転しやすかったです。

初めての高速

①第一関門「ETCゲート」

先日GB350にETCをつけたのですが、「実際に開くかどうかは直接試してみて下さい。」とお店の方に言われたので、問題なく通れるかどうがドキドキでした。

いよいよ第一関門のETCゲートに迫ってきました。
万が一のことを考え、一番左のETCと一般の両方対応しているゲートに向かいます。

しっかり減速して、ゲートがしっかり開くのを待ちます。

思ったより早く開きました!
車と違って何にも音がならないので不安でしたが、ETCは問題なく作動しているようです。

②第二関門「合流」

さて、ETCは問題なく通過することができましたが、ここからが本番です。

高速で最も緊張する上に、事故率が高い合流に差し掛かります。

教習所では、急制動の時に一気に加速をする練習をしましたが、それでも40キロ程度…。
高速道路では、車の流れを邪魔しないように十分に加速をしなければいけません。

さらに、後方からくる本線の車にも注意をしておかなければいけません。

ETCゲートを通過し、少しずつ加速をしながら走行中。
この時点で体中に力がガチガチに入っていました。

合流に近づいてきました!
右側に映る大型車がもうすでに怖い…。

本線に注意しながら加速!
GB350は馬力がないと言われますが、そんなこと全然気にならないくらいしっかり加速して行きます。

右側の安全確認ができたので、合流します。
車の量が少なかったので、大きな問題なくスムーズに合流できました。

③第三関門「速度維持」

無事合流することができたので、一安心。
ここから、車の流れを妨げないように速い速度帯を維持していかなければなりません。

一般道ばかり走ってきた私に取っては、50キロ以上の速度は未知の領域でした。

GB350だと4速以上に入れることがないので、どんな感じになるか全くわからなかったですが、
合流の時の加速感は全く問題なかったので、そのままの速度で走行することに。

トンネル内は、壁が迫ってくる感じがして少し怖かったですが、横からくる風がないため走行しやすかったです。

速度に慣れてくれば、高速道路は一般道よりも走りやすく感じてきました。
道路自体は結構広く、交差点がないため、ノビノビ走ることができます。

カーブも比較的緩やかになっているので、気持ちよく曲がっていくことができます。

まとめ

初めてGB350で高速道路を走行してみた感想は、合流と速度に気をつければ楽しくツーリングができるなと感じました。

無理して速い速度を出さなくても、高速道路には左側に登坂車線など遅い車のための逃げ場が用意されています。

GB350は加速や速い速度帯の維持は全く問題ないです。
単気筒特有の振動もさほど感じることもなく、快適な走行をすることができました。

せっかくETCを取り付けたので、積極的に使用していこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました