【西湖自由キャンプ場】夫婦で初のデイキャンプへ!

西湖自由キャンプ場キャンプ
この記事は

夫婦で初めてデイキャンプに行ったときの事を記事にしてあります。

「西湖自由キャンプ場」を利用した感想や初めてのデイキャンプで難しかったことなどを紹介してます。

西湖自由キャンプ場ってどんなところ?

デイキャンプをするうえで、最も重要なのは場所選び!

大自然の中でゆったりとした時間を過ごすためには、良いロケーションを探すのが大事ですよね。

自宅より2時間圏内で行ける山梨県のキャンプ場の中から、「料金が安く利用できる」、「湖が見える」「注意事項がきちんとしている」ところを探しました。

今回場所として選んだのは「西湖自由キャンプ場」です。

料金は?

デイキャンプの場合は大人1名700円小学生までの子どもは500円となっており、テントサイト利用料は区画ごとに料金が分かれています。(A:1,500円/B:1,000円/C:500円/D:500円)

その他には、車やバイクなど1台目以降は料金が追加されます。

私たちは大人2名でC地区を借りたので、1,900円程で利用できました。

禁止・注意事項は?

西湖自由キャンプ場は利用者全員の事に配慮されていて、しっかりと管理されている印象でした。大まかな注意事項は以下の通りです。

・静粛時間(21:00~7:00)内における車の出入り、及び場内の車移動は禁止。

・スピーカー、発電機、カラオケ機の使用禁止。

・西湖での遊泳禁止。

・テントサウナ禁止。

・その他、場内における以下の行為はご遠慮ください。(花火・ボール遊び・バドミントン・フリスビー・ラジコン・ドローン・自転車・ギターなどの音の出る機器)

・焚き火台などを使用する場合は焚き火シートが必要になります。

いざ出発!

ジムニーに荷物を載せている写真です。
写真:筆者撮影

前日までに必要なものを揃え、荷物を車に詰め込んでいざ出発!

ジムニーは小さいのに荷物がたくさん載せられるのでいいですね。

松ぼっくりを拾っている写真です。
写真:筆者撮影

途中、小枝や松ぼっくりを拾っていきました。

ジムニーを運転している写真です。
写真:筆者撮影

車に乗って数時間後…

それっぽい湖が見えるところまで来ました。

バイクでツーリングに来るのも気持ちよさそう!

西湖自由キャンプ場の入り口の画像です。
写真:筆者撮影

少し見つけにくい位置に看板を発見。

この辺りはキャンプ場がたくさんあるので、間違えないように注意してください。

西湖自由キャンプ場の写真です。
写真:筆者撮影

敷地に入ってまっすぐ進むと受付がありますので、一度車を止めて受付を済ませましょう。

西湖の画像です
画像:筆者撮影

中に入ると、西湖が目の前に広がっています。

画像:筆者撮影

私たちが選んだ区画からの風景も素敵でした。

さて、タープを設営する準備に取り掛かろうとしたところで、初心者ありがちのミス発生。

西湖自由キャンプ場の画像
画像:筆者撮影

地面に小石が多くてペグがさせない…。

しっかり地面を見てから区画を選べばよかったです。

全くさせないわけではないので、何とか設営をしました。

西湖自由キャンプ場の画像
画像:筆者撮影

何とかタープを設営しましたが、ちょっと傾いていますね(笑)

まぁ、宿泊するわけではないので良しとしましょう。

【あっという間に設営】クイックキャンプのワンタッチタープは初心者にもピッタリ‼
この記事は、キャンプ初心者がワンタッチタープを実際に使ってみた感想を基に作成しました。 設営が難しく、なかなか一歩を踏み出せない人たち向けに、QUICKCAMP のワンタッチタープを紹介してます。

西湖自由キャンプ場の画像です
画像:筆者撮影

準備が出来たら、お楽しみの朝食タイム!

外で食べるウィンナーってなんでこんなに美味しいんでしょうね。

ホットサンドもいい感じにできて、大満足でした。

まとめ

西湖自由キャンプ場の画像
画像:筆者撮影

西湖自由キャンプ場は、料金もリーズナブルな上に施設もしっかりしているので、非常に良い場所だと思います。

トイレも洋式で清潔に保たれているのも、満足できるポイントでした。

今回はデイキャンプでしたが、次回は宿泊をしてみたいですね。

その時は、平らで地面に小石が転がっていないところを選びます(笑)

使用したグッズ

created by Rinker
¥2,980(2021/10/16 22:57:03時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました