【数年後に販売予定⁉】GB350の大型モデルは販売されるのか?

バイク
この記事は

現在オーダーストップとなっているGB350の大型モデル【GB500】が販売される可能性を、個人的な見解を含め紹介していく。

今年はもう予約できない…。

4月に販売開始し、わずか2日でオーダーストップとなったGB350

予約できた人もいつ納車されるかわかっていない状態であり、

手元にない人は、毎日納車の連絡を待っていることだろう。

そんな大人気のGB350にある噂が流れているのはご存じだろうか?

それはGB350の大型モデルであるGB500の発売である。

すでに人気バイク雑誌である「オートバイ 2021年7月号」が素晴らしい記事を書いているため、

詳細を知りたい方は、是非ともプロの文章を参考にしていただきたい。

GBシリーズとは?

GBシリーズを知らずして、この記事を書くことは出来ないだろう。そう考えた私はGBシリーズについて簡単に調べてみることとした。

ホンダの「GB」の歴史は250㏄のバイクから始まった。

1983年にCBX250RSをベースにした「GB250 CLUBMAN」が発売された。

クラシカルな外装だったGB250 CLUBMAは当時から人気を博していた。

その後、GB400/500TTが登場したことにより、「GB」シリーズはホンダを代表するバイクとなったと言える。しかし、あまり人気が出ていなかったという声も聞かれるため、ある意味伝説のバイクなのかもしれない。

GB500TTのスペックは?

参考画像:ホンダ公式サイトより

GB500TT(GB350)

・全長:2100㎜(2,180㎜)

・全幅:690㎜(800㎜)

・全高:1060㎜(1105㎜)

・ホイールベース:1405㎜(1440㎜)

・シート高:775㎜(800㎜)

・車両重量:167㎏(180㎏)

・前輪タイヤ:90/90-18(100/90-19M/C)

・後輪タイヤ:110/90-18(130/70-18MC)

GB500TTはGB350と比べると全体的に少し小さい車体となっている。

1980年に英国で活躍したロードレース使用車を意識した外見をしており、GBシリーズのクラシカルでスポーティな見た目をしている。

GB500は販売される?

人気のバイクであるSR400にSR500があるように、GB350にもGB500の販売も視野に入れていることが予想される。

GB400/500TTは車体のサイズがほとんど変わらないことから、GB500もGB350の車体を活用する可能性がある。

GB350の車体を活用し、排気量や馬力を挙げることで大型バイク好きのライダーも客層に引き込むことができるだろう。

個人的な希望であるが、GB500TT同様にタコメーターを付けたデザインでの販売を期待している。

GB350では懸念されている馬力やタコメーターを搭載し、数年後に満を持して販売される可能性がある。

まとめ

今回はGB500について、GB500TTをもとに販売される可能性を考えてみた。

多くの雑誌で取り上げられているため、販売される可能性は高いと言えるだろう。

GB350は未だに予約ができない状況のため、大型バイク好きのライダーは販売を期待して待つもの良いかもしれない。

オートバイ 2021年7月号【雑誌】【3000円以上送料無料】

コメント

タイトルとURLをコピーしました