【クルーザーバイクでも加速したい!】レブル250よりも高回転エンジンのエリミネーター250V

この記事は、レブル250よりも高回転エンジンを搭載しているエリミネーター250Vについて紹介していく。

クルーザータイプのバイクの購入を検討している人は参考にしてみて欲しい。

はじめに

近年、移動手段や趣味としてバイクの需要が高まっている。各社から新しいバイクが次々に発売され、売り切れ続出している車種もある。

クルーザータイプの中でも人気が高まっているのは、HONDAのレブル250が挙げられる。

2017年4月に発売されたレブル250は、最新の機能を搭載して20年ぶりに蘇った。

クルーザー特有の厳つさの中に、どこか可愛らしさも持ち合わせており、男女問わず愛用している。私自身、初めてのバイク候補に挙げていた。

あまりの人気で予約しても1年以上待つと言われており、欲しくても手が出せない人も少なくないだろう。

そんな人達に少し目を向けてほしいバイクがある。それは、カワサキから発売されているエリミネーター250Vだ。

「レブル250を買えないから妥協しよう」というわけではないと先に伝えさせてほしい。レブル250と同じくらい魅力のあるバイクだという事を紹介させてほしい。

エリミネーター250Vってどんなバイク?

車体を見た時の第一印象は、がっしりとした漢っぽいバイクであり、カワサキらしさを全面に帯びている。

エリミネーターの魅力はなんといっても、最高出力である。

最高出力は12,000rpmであり、YAMAHAのR25やカワサキのninja250にも匹敵する。

車重量180kgとは思えないような加速を出すと言われている。

スペック

・全長 (mm):2355/2205・全幅(mm):775/820・全高 (mm):1075/1090・ホイールベース (mm):1620/1490・最低地上高(mm):150/150・シート高 (mm):690/690・車両重量 (kg):180/170

・最高出力(kW):26/19・最高出力(PS):35/26・最大トルク(N・m):24/22

レブル250と比較すると、全長とホイールベースが長いが、全体的な大きさはあまり変わりないように感じる。

最高出力や最大トルクは、レブル250よりも高い数値であるため、加速もできてパワーもあるバイクと言える。

デメリットは?

BikeBrosによると

燃費の悪さや適応するパーツが少ないことが挙げられている。レブルと比較すると古いモデルになるため、仕方ないとも思える。

まとめ

今回、エリミネーター250Vについて紹介した。レブル250と比べると、燃費は悪くなるがパワーや加速は十分だと言えるだろう。

パワフルな加速を感じたい人は購入を考えてみても良いだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました