【寝台列車サンライズ出雲・瀬戸】快適な旅をする為におすすめエアーマット紹介!

寝台列車サンライズ ソロシート
記事紹介

この記事では、「寝台列車サンライズ」で快適な旅行をするためのエアーマットを紹介
・シートの固さが気になる
・少しでもゆったりと寝たい
・荷物は出来るだけコンパクトにしたい
こんな悩みを解決します
これからサンライズで旅行を考えている方は是非参考にしてみてください

目次

寝台列車サンライズの部屋ってどんな感じ?

「寝台列車サンライズ出雲・瀬戸」のシートについて表にまとめてみました。

寝台座席名ベッド幅備考
A寝台シングルデラックス850mm
B寝台シングル700mm
B寝台ソロ700mm足元550mm
B寝台シングルツイン700mm
B寝台サンライズツイン750mm
ノビノビ座席820mm仕切りなし

私たちが使用した座席は、個室の中でも一番お手頃な価格のB寝台のソロです。
下の部屋は屈まないと入室できない程度の天井の高さで、上の部屋は少し狭い階段を上がって入室できます。
全体的に狭い印象ですが、秘密基地のような空間を一人占めできるのが魅力的。

ベッドは幅700mmと寝返りは問題なくできるくらいの広さです。
足元はやや狭くなっていますが、特に気になることはありません。

シートは割と固めな印象です。(個人的にはコメダ珈琲のシートくらいの固さのイメージ。)

背中が凝りやすい人には長時間の睡眠はちょっときついかなと思いました。

おすすめエアーマット紹介

サンライズで少しでも快適な旅をするためには、シートの寝心地を良くすることが必須

今回購入したエアーマットは、「Coleman コンパクトインフレーターマット/S」です

商品紹介

・価格:¥8,980
・使用時サイズ:約1860mm×約740mm
・収納時サイズ:約110mm×約260mm
・重量:約725g

メーカーはアウトドア用品で有名なColemanで、1万円以内で購入することができます。
収納時のサイズは約110mm×約260mmなので、中型のスーツケースなら余裕で入るサイズです。
収納している袋がそのままポンプになるため、別でポンプの持ち運びが必要ありません。

使用感

列車に乗り、早速エアーマットの設置に取り掛かります。
エアーマットの空気穴と収納袋についている空気穴をドッキング

収納袋に空気を溜めて、巻き込むような感じで空気を送る
収納袋に空気を入れるのが少し大変…

最初は難しいですが、コツさえ掴めば3分程度で膨らませることが可能です
女性でも簡単に膨らませることができました!

設置完成!

エアーマットの大きさはシートの高さとちょうど同じくらいです
幅は少しエアーマットの方が大きく、足元の方は少し入りきらないかな?という感じでした

頭側
足元側

実際寝てみると、エアーマットがあった方が断然良い
体に余計なストレスがかからず、爆睡することができました!
気になることといえば、エアーマットがポリエステルなので少し冷たいかな?という感じです

片付けは空気穴が2段構造になっていて、あっという間に片付け完了

まとめ

足元側

寝台列車を使用するのは今回で3回目でしたが、今までの2回はシートが固くて何度も起きてしまっていました
Colemanのエアーマットを使用してみて、もっと早く購入すればよかったと思うほど、最高の使用感です
エアーマットはたくさん種類があるので、自分の好みに合ったものを選んでいただければと思います
今回紹介している商品は、身長175cm・体重90kgの私でも快適に眠れるエアーマットなので、
男性でも快適に眠れると思います!(女性でも全く問題なく使用できました)

サンライズは荷物を置くスペースも限られているので、コンパクトにまとめられるエアーマットがオススメです。

購入を検討されている方は、ECサイトからの購入がお得なことがありますので、是非参考にしてみてください。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥8,631 (2024/04/16 00:46:29時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次