【暑い時期のツーリングにピッタリ!】コミネフルメッシュジャケットは見た目も機能も大満足!

バイク
こんな人にオススメ!

・春から夏のツーリング用ジャケットを探している。
・ジャケットにプロテクターが標準装備されている。
・ネイキッドやスポーツタイプのバイクにピッタリ。

暑い夏はフルメッシュジャケットで快適なツーリングをしよう!

どんな時期でもバイクに乗ってツーリングに行きたくなります。夏に風を感じながらバイクに乗るなんて最高ですよね。でも、Tシャツみたいな軽装だと危険だし、ジャケットだと暑そう。どんな服装をすれば悩むことはありませんか?
今回紹介するのは、コミネから発売されている「JK-135 Protect Full M-Parka」です。
実際に私が初めて購入したジャケットであり、使用感をレビューしたいと思います。

この商品を選んだ5つの理由

選んだポイント

プロテクター標準装備であり、安心感のある会社から販売されている。
2万円以内で購入可能。
③プロテクターは後から上位モデルに変更可能
立体構造メッシュにより、走行中の風の通り道が作られる。
フードの取り外しが可能のため、気分に合わせて変えることができる。

仕様と特徴

JK-135の画像です。
画像:筆者撮影

今回、GB350に乗るために初めてジャケットを購入しました。私が選んだのは、JK-135のblackです。胸ポケットのチャックが赤色で乗っているバイクのカラーとピッタリ!
口コミで少し大きめのサイズを購入している方が多かったので、3XLサイズにしました。

JK-135の画像です。
画像:筆者撮影

後ろはこんな感じ。真っ黒というわけではないところがカッコいいですね。会社のロゴマークも目立ち過ぎていないのもお気に入りポイントです。

JK-135の透かした感じ
画像:筆者撮影

生地は100%ポリエステルを使用しており、近くで見ると風通しが良さそうな感じです。

安心のCE規格

JK-135 のCEマークの画像です
画像:筆者撮影

ライダーであれば、コミネという会社を一度は聞いたことがあると思います。独自に欧州CE規格の認証を得た衝撃緩和効果に優れた商品などを数多く取り扱っています。

JK-135のプロテクターの画像です
画像:筆者撮影

プロテクターは内側のポケットのようなところに入っているので、出し入れは容易に可能です。プロテクターを取り出せば手洗いも可能なので、汗をかいた後でも安心です

胸部プロテクターが入っている位置です
画像:筆者撮影

オプションで胸部や背部のプロテクターを購入することができるので、事故による怪我のリスクを減らすことができます。

JK-135オプションの画像です
画像:本人撮影

使用感はどんな感じ?

画像:筆者撮影

この日は雨上がりで少し曇っており、最高気温は34.5℃で立っているだけで汗が吹き出てくるような暑さでした。
実際に着用してみた感想は、重たくて暑い。本体の重さは約2㎏とプロテクターがしっかりしている分重くなっているのは仕方がないかと思います。動きにくさをまったく感じない作りになっており、運転の邪魔になりません。

JK-135の使用時の画像です
画像:筆者撮影

さぁ、いよいよ出発!見た目はGB350にも似合っていますね。
着た瞬間は暑くて、涼しくなるのか不安でしたが、スピードが増すにつれてジャケットの中に涼しい風が通るようになってきました。正直、予想以上の涼しさでビックリです。
家に帰るまで約30分ほどのツーリングでしたが、30℃を超す真夏でも快適でした!
着た瞬間は重くて暑いと感じましたが、この風を感じたら全く気にならなくなっちゃいすね。

気になった点

多少の重さはありますが、あまり気になる点はありませんでした。
強いて言えば風通しが良すぎるので春や秋の少し涼しい日に着用すると、肌寒さを感じる人もいるかもしれません。その時はインナーを調整すれば問題はないかと思います。

最後に

この商品を買うことで、夏のツーリングを快適に楽しむことができます。6~8月頃からバイクデビューする初心者の方私のように暑がりの人にはピッタリのジャケットだと思います。
カラーバリエーションは9種類あり、サイズは男女共に用意されています。幅広い年齢層が使用できるかっこいいデザインだと思うので、興味がある方は購入を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました