そろそろ大きな魚を釣りたい! 初心者にオススメ泳がせ釣りとは?

釣り

この記事は

「穴釣りやサビキ釣りをやったけど、もっと大きな魚を釣りたい!」

「youtuberみたいに引きの強い魚とファイトしてみたい!」

という方に向けて、私が実際に大きな魚が釣れた泳がせ釣りについて
初心者向けに解説していきます。

記事の後半に実際に釣り上げている画像も載せてありますので、最後まで読んで読んでいただければ幸いです。

泳がせ釣りの種類

①ウキ使用

主に表層から中層の魚を狙う釣り方。スズキやブリ、カンパチなどの魚を狙うことができます。

エサの魚が沖の方まで泳いでくれるので釣果が上がりやすい。しかし、エサの魚が自由に泳げるためお祭り状態にならないよう注意が必要。

②錘使用

主に中層から深層の魚を狙う釣り方。根魚やヒラメなどの魚を狙うことができます。

ウキを使用したものと比べると、エサの魚が泳げる範囲が狭い。ある程度水深が深い場所でないと釣果が下がる。

錘がある分お祭り状態のリスクは下がるため、初心者にはオススメ

泳がせ釣りをお勧めする理由

①難しいテクニックがいらない

泳がせ釣りは生きたアジやイワシ、サバなどをエサにして釣る方法です。ルアーのようなアクションを行わなくても、魚が実際に動いてくれます。

②堤防や沖でできる

船に乗って沖まで行くと大物と出会う確立が上がります。しかし、乗り合いの船に乗るのは敷居が高い…

泳がせ釣りは堤防からでも行うことができることがメリットの一つと言えます。

③専用ロッドじゃなくてもできる

もちろん専用ロッドの方が釣果は上がります。でも、また新しくロッドを買うのは少し抵抗がある方も少なくないと思います。

泳がせ釣りの仕掛けに使用する錘に対応していれば、磯釣り用の竿やショアジギングロッドなどでも代用することはできます。

④エサ代は現地調達もできる

エサはアジやイワシ、サバなどの小魚です。現地でサビキ釣りをしてエサを現地調達することができます。

デメリット

①お祭り状態になりやすい

泳がせ釣りを生きている魚をエサにするため、隣の人のラインと絡まってしまうことも少なくありません。特に人気な堤防などではそのリスクも高くなります。

お祭り状態になることが不安な方は、船に乗ったり筏釣りをすることをオススメします。

②必要な道具が多い

泳がせ釣りはエサの小魚を活かす為のバケツやエアー、釣れた魚をすくう網など竿以外に必要な道具が必要になります。

これらの道具はこれから釣りをする人にはあっても良い道具なので、揃えて置いてもいいかもしれません。

準備するもの

この記事では堤防で泳がせ釣りを行うために最低限必要な道具を紹介します。

後で私が実際に使用したタックルも紹介しますので、そちらもご参照ください。

ロッド

①長さ5m前後のもの(2~5号) 船や筏で行う場合は短いものがオススメ

②アタリが感じ取れるように竿先が柔らかめのもの

ライン

ナイロン3~5号 PE3~4号

②PEラインを使用する場合はフロロカーボン8号が必要

③ナイロンラインの方が安価ですが、大きな魚とファイトするならば、PEラインの方が安心

リール

①ナイロン3~5号に対応しているリール(3000番~5000番)、PEラインであればPE3~4号に対応しているもの

②スピニングリールでもベイトリールでもOK

送料無料 i-loop スピニングリール 3000番 予備スプール付 リアドラグ リール ヤエン釣り 泳がせ釣り アオリイカ エギング 3000 4000 5000 6000 LJシリーズ
ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT5000D-CH (2020モデル)

仕掛け

全部そろっているものが売っているので、初心者の方はそちらを購入しましょう。

実際に泳がせ釣り体験

場所は静岡県某ボート屋さんの筏で泳がせ釣りをしました!

狙いはヒラメ!できれば30㎝より大きなものを狙いたい…

エサはその日にたくさん泳いでいた小鯖を使用し、仕掛けはヒラメ用の胴付きエレベーター式にしました。

この場所は水深30mほどであり、真鯛クロダイが良く釣れる場所。夏にはヒラメが釣れていることもありました。

まずはエサの小鯖を釣り、それを仕掛けにつけて海に戻す作業を繰り返す。小鯖はアジと比べて弱りやすく、エサを変える頻度が多いのが難点…

しばらく釣りをしていると、小鯖の動きとは明らかに違う竿の動きあり!

「これは来たぞ!」と勢いよく合わせましたが…結果は不発

その後しばらくあたりはなく…

竿を放置してしたその時!!

突然竿が海に引き込まれまれるほどの大きなアタリあり!

ゆっくり慌てず、じっくりと釣り上げると…

平べったい体に白いお腹…お目当てのヒラメがかかっていました!

慎重に網まで誘導しましたが、明らかに網よりもでかい

その間にも暴れまくるヒラメ

なんとか網に入れて引き上げると…

でっか!!

サイズを測ってみると…

60㎝越え!!

重さは2㎏程であり、ヒラメだと小座布団くらいの大きさになりました!

その後同伴した友人がもう1匹ヒラメを釣り上げ今日の釣りは終了

家に持って帰り、お刺身でおいしく頂きました

初心者の私でも、大きなヒラメを釣り上げることができた泳がせ釣りはとてもオススメできる釣りだと思います

今回使用したタックルは、ヒラメの強い引きにも負けないくらいパワフルなリールで網まで誘導する操作性の高いロッドでした。

穂先の柔らかいタイテンヤロッドヒラメの小魚をかじってくるようなアタリが取りやすいため、ある意味では向いているかもしれません。

タックル紹介

使用したタックルは下記に記載してあります。タックルについてですが、テンヤマダイ用のロッドにタイラバ用のリールを使っております。専用の竿でないため、いろいろな意見があるとはと思いますがご了承ください。

ロッド:SHIMANO 18 ENGETSU 炎月 1つテンヤマダイSS パワースペックB215HH

●全長(m):2.15
●継数(本):2
●仕舞寸法(cm):110.5
●自重(g):113
●先径/元径(mm):1.5/11.0
●錘負荷(号):6-25(22.5~82.5g)

リール:SHIMANO 16 炎月 BB 100PG

まとめ

泳がせ釣りは初心者でも大物を釣り上げることができる非常にオススメな釣りです。

準備するものが多いですが、しっかり備えることで良い釣果につながると思います。

タックルに関しては何でもよいと思います。錘を使うのであれば、その錘に対応しているものを選びましょう

ヒラメを釣り上げるコツ

①アタリがあってもすぐ合わせない!じっくり食わせるのがポイント

②エサの魚が大きすぎるとかじられるだけで逃げられてしまう
 適度に小さいほうがフッキングがうまくいく

③ショアジギングロッドよりも竿先の柔らかい方がアタリが分かりやすい

④シングルフックよりもトリプルフックの方がバレにくい

コメント